たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  国立市 国立市

2018年05月02日

<紫外線対策>サングラスに注意!カラダの内側からもケア?

<紫外線対策>サングラスに注意!カラダの内側からもケア?
日差しがだいぶ強くなってきました。
木陰を歩いていても、周りからの反射で、お肌は結構強い紫外線を受けています。

紫外線対策!毎年頭を悩ましてくれます。
これで完璧ってこと、ないんですよね。

外からぱっと見で、”紫外線対策やってます”対策の方、多いですけど、
万全じゃない。

でもやらないよりはるかにマシ!というようりやるべき”!!

関東地方の一部では、今日(5月2日12時)のUVインデックスが、
8(非常に強い)の地域も!

1ヶ月前の記事で書きましたけど、気象庁のアドバイスは、
長袖シャツ、日焼け止め、帽子
でした。

オーストラリアでは、
長袖シャツ、日焼け止め、帽子、サングラス

この違いわかりました?
そうです。日本の気象庁では、サングラスの着用は推奨していないんです。

日本人の瞳の色(一般的に光彩の色を指します)は黒くて、メラニン色素が多いのですが、
欧米人の瞳は、メラニン色素が少ないため、青色や茶色など薄い色をしています。

メラニンは、紫外線からカラダを守ってくれるので、
日本人の目は紫外線に強い、つまりサングラスをかけなくても大丈夫、といいたいところですが、
最近は、紫外線がかなり強いのでで、できればサングラスなどで保護したいところ・・・。

でも、ちょっと待ってください。
適切なサングラスを選ばないと、かえって目を傷めてしまうことになるかもしれません。

目は、入ってくる光の量を瞳孔を開いたり、閉じたりして調節しています。
強い日光の下では、瞳孔を狭くして、目からはいる光の量を減らします。

サングラスをかけると暗くなりますから、瞳孔はより多くの光をとりこもうとして開きます。
瞳孔から直接入ってくる光は弱くなりますが、
実は、紫外線はサングラスの両側のすきまから、反射光として侵入してきます。

道路からの反射、ビルの窓ガラス、キレイに磨かれたクルマのボディーなど。

瞳孔が開いている状態で、紫外線が飛び込んできますから、
紫外線の影響をもろに受けてしまうのです。

もっともよく知られている眼病が、瞼裂斑(けんれつはん) ですね。
白目の部分が、シミのように黄色く濁る症状です。

充血やドライアイ、白内障の発症リスクが高くなることが分かっています。
できるだけ、両わきからも光が入りにくいサングラスを選ぶことをおすすめします。

ところで、カラダの内側からケアするサプリメントもあるようです。
noUV Care White《ノーブケアホワイト》は、紫外線にケアすることで知られるPLエキスを配合していますが、
ウィキペディアによれば、PLエキスは、紫外線に対する効果として、
●抗酸化作用
●免疫防御作用
●細胞DNA保護作用
●皮膚構造の保存

などがあげられています。

サプリメントだけで、紫外線がケアできるとは思いませんが、
UVケアクリームなどと併せてお使いいただくことで、一層のケアができる可能性はあります。

なにごとも、あとで後悔したくないですね。
  

  • Posted by テロメア at 18:30Comments(0)紫外線

    2018年03月29日

    紫外線対策! 桜に心を奪われていると、手遅れになるかも・・・

    都内は、どこも桜一色ですね。

    夏日と言われても、まだカラダがついていけません。
    まあ、寒いよりはいいでしょうけど。

    早く始めたところは、すでに葉桜の様相を呈しています。

    これだけ天気が良いと、そろそろ気になってくるのが”紫外線情報”!
    冬の間、油断して”UVノーケア”の方が多かったと思いますが、
    外出する機会の多い方は、早目の対策をとっておいたほうが良さそうです。

    紫外線情報は、去年から、正確には2017年12月20日から、
    全国を、1ブロック20km四方に分け、141地点の推移情報が、毎時間チェックできるようになっています。

    それまで、全国3か所(北海道・茨城・沖縄)の情報しか公表されていませんでしたから、
    かなり大幅な情報開示、といったところでしょうか。

    女性にとって、UVケアは最重要課題、と言ってもいいでしょう。
    男性でも、強い紫外線は、皮膚トラブルの元ですが、肌がデリケートな女性にとっては取り返しがつかなくなることも!

    シミ、シワはもちろん、皮膚がんや白内障の原因にも。

    明日の関東地方の紫外線予報(3月30日)は、中程度になっていますが、
    多摩地区はちょっと強めで、”UVインデックス5”!

    もう1ランクアップすると、UVインデックスは6の”強い”になります。

    ちなみに、UVインデックスとは、紫外線の強さを指標化したもので、
    世界保健機構(WHO)でも、この指標を活用して紫外線対策をとることを推奨している国際的な指標で、
    強さのレベルを、0~13+まで14段階で表します。

    明日の紫外線予報”UVインデックス5”は、中程度とはいえ、
    気象庁では、次のように注意を促しています。

    ”日中は出来るだけ日陰を利用しよう。
    出来るだけ長袖シャツ、日焼け止め、帽子を利用しよう。”

    いかがでしょう。考えていましたか?

    夏にならないと、なかなか紫外線対策に本気になれないようですが、
    早目の対策を心がけておいたほうが良さそうです。

    紫外線を浴び過ぎると、皮膚がんや白内障になる危険性があるため、
    世界中の先進国では、早くから詳細な紫外線情報を公開しています。

    特に、オーストラリアでは政府主導で、紫外線から身を守るための啓発を積極的におこなっています。
    オーストラリア大使館のホームページでは、渡航者に対しても注意を呼び掛けています。

    「サンスマートプログラム」といいますが、
    『スリップ・スロップ・スラップ・ラップ(Slip, Slop, Slap, Wrap)』がスローガン!

    日本語では、次の意味になります。

    長そでのシャツを着よう! (Slip on a long sleeved shirt!)
    日焼け止めを塗ろう! (Slop on some sunblock!)
    帽子をかぶろう! (Slap on a hat that will shade your neck!)
    サングラスをかけよう! (Wrap on some sunglasses!)

    皮膚は、外部からの刺激に対して身を守る大事な臓器です。
    日頃のスキンケア、心がけましょう。

    紫外線対策はクリームなどを皮膚に塗ってケアするのが一番、と思っている方が多いと思いますが、
    カラダの中からケアする方法もあるようです。

    「ルテイン」という成分は、眼の水晶体や黄班部に存在していて、
    紫外線から目を守る働きがあり、”天然のサングラス”とも言われているそうです。

    ルテインは、緑黄色野菜などにも含まれていて、
    普段からパセリやケールなどを食べている方は大丈夫ですが、
    そうでない方は、意識的に摂取したほうがいいようです。

    ルテインは、年齢とともに減少していきますが、
    サプリメントなどで補うこともできます。

    メニールテインゼアというサプリメントは、
    ルテインだけでなく、血液サラサラ成分の「EPA」、
    ビタミンB1の働きを助けて、脚気や疲労回復にも効果があると言われる「ビスベンチアミン」などを、
    配合しているようです。

    紫外線対策として、UVクリームと併せて使うといいかもしれません。

      

  • Posted by テロメア at 19:42Comments(0)紫外線