たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  国立市 国立市

2018年05月31日

マグロは美味しいけれど・・・妊産婦さんは要注意!

アレルギー性の肌なので、食べ物には気を付けています。
なるべく、添加物の少ないものを選ぶようにしていますが、
完全に添加物が含まれていない食品なんて無い、と思って間違いないですね。

添加物は、加工品や菓子類など、工場でつくられるものだけ、と思ったら大きな間違いですね。

天然の魚にしても、その食物連鎖の過程で、水銀を体内に凝縮していきます。
水銀の毒性は強く、通常の食品添加物とはくらべものになりません。

小さな魚を大きな魚が食べることで、水銀がどんどん濃縮されていくというシナリオです。

美味しいマグロについても、厚生労働省から妊産婦さん向けに、
摂取量に注意するよう、リーフレットが作成されています。

妊産婦さん
の場合、胎児への影響を考えると、
低濃度の水銀でも影響を与える可能性が高い、ということです。

その許容量は、どのくらいかわかりますか?

1週間にわずか80g!

目を疑いたくなる量です。少なすぎて。
サーロインステーキの4分の1程度の量しかありません。

本マグロ(クロマグロ)の握り寿司1貫に使われるネタの重さは、10~20gだそうですから、
寿司桶1人前といったところ。

回転寿司へ行ったら、そんな量は簡単にオーバーしてしまいます。
多分、わたしのカラダのなかにも大量に蓄積しているはず。

アレルギー性の肌って、こんなことも影響しているのかな、なんて考えたこともありました。
水銀がやっかいなのは、脂溶性なので水に溶けないことですね。

水溶性なら、尿や大便として排出されますが、脂溶性のため体内に蓄積されてしまいます。
そういう意味では、食物連鎖の頂点にたっている人間が、最終的に水銀の影響を受ける、
ということになります。

単純に一言で、“水銀”と書きましたが、
(厚生労働省のパンフレット“これからママになるあなたへ”にも、“水銀量”としか表記されていません)
厳密に言えば、水銀にもいろいろな種類があり、
魚介類で問題になっているのは、有機水銀の1種である“メチル水銀”のことです。

無機水銀である“硫化水銀”は、朱肉や塗料に使われますが、毒性は少なくて、
体内に入っても直ぐには排出されます。

塩化第1水銀は、下剤や利尿剤に利用されていますが、
塩化第1水銀には、強い毒性があります。

とりあえず、厚生労働省にならって、“水銀”としておいたほうがわかりやすいかもしれません。

魚の話にもどりますが、
妊産婦さんの場合、
金目鯛も、1週間に食べられる量は80g!

もし、今週、食べ過ぎてしまったら、
来週食べる量から、その超過分だけ減らせばいいようですが、
そもそも量が少なすぎ!

《妊産婦さんが1週間に食べられる目安量》
①160g
・キダイ、マカジキ、ユメカサゴ、ミナミマグロ、ヨシキリザメ、イシイルカ
②80g
・キンメダイ、ツチクジラ、メカジキ、クロマグロ、メバチマグロ、エッチュウバイガイ、マッコウクジラ
③40g
・コビレゴンドウ
④10g
・バンドウイルカ

うまく組み合わせて、1週間に、合計80g以下におさえることが推奨されています。
③と④については、食べないほうがいいでしょうね。

魚には、良質なたんぱく質や、カルシウムなどの栄養素のほか、
EPAやDHAを含んでいる健康食材です。

EPAやDHAは、血管障害の予防やアレルギー反応を抑制する作用もありますから、
魚は積極的に摂りたい食品の一つです。

キハダ、ビンナガ、メジマグロ、サケ、アジ、イワシ、サンマ、ブリ、カツオなどは、特に注意が必要ではないとのこと。
上手に、バランスを考えて、おいしく食べたいですね。

妊産婦さんは、食べ物の制限だけでなく、栄養バランスの管理も大変!
また、赤ちゃんのことを考えると、栄養素を補助食品で補うことが必要になる場合もあります。

妊産婦さんに不足しがちな栄養素”葉酸”と、DHA・EPAを配合したサプリメントもあります。
他の食材などと上手に組み合わせて、カラダにやさしい栄養管理をされることをおすすめします。


  • 同じカテゴリー(健康)の記事
     今日7月10日は、納豆の日!特別な食材ではないのでつい忘れてました (2018-07-10 22:35)
     玄米に有害成分?アブシジン酸とフィチン酸は、大豆や小麦などにも・・・ (2018-06-11 23:26)
     ステロイド剤の副作用について (2018-05-25 20:08)
     アレルギー性皮膚炎に「ステロイド剤」 上手に使えばこわくない! (2018-05-21 23:06)
     <アイスクリーム>本物はほとんど無い?原料にはマーガリンと同じものが・・・? (2018-05-16 20:28)
     甘酸っぱい「ケトン臭」は、ダイエットの危険信号! (2018-05-11 23:46)
    Posted by テロメア at 21:32│Comments(0)健康
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    マグロは美味しいけれど・・・妊産婦さんは要注意!
      コメント(0)