たまりば

  健康・ダイエット 健康・ダイエット  国立市 国立市

2018年11月02日

<英会話>はダイエットに似ている!目的が無いと挫折する

しばらくぶりの投稿です。

カラダの健康はもちろん大事ですが、
今日はアタマの健康について考えてみました。

知識欲って、キリがないですね。
あれも知りたい、これも知りたい、
そして、にわか勉強の”知ったか””で、周りから褒めてもらえたら、
とても気分が良い!

そんな知識欲の最たるものが、英会話!

日本人にとって、いや私にとって、
流暢な英会話をあやつれることは、
今、一番の欲求充足といってもいいかもしれません。

東京オリンピックが音をたてて近づいてきて、
とうとう2年を切りました。

英語は、ビジネスでも使ってきましたが、
英会話となると、永年外国人との付き合いがあった割には、
まったく進歩がない。

なぜだ!!!

よくよく考えてみると、
日本でビジネスを展開している外国人の中には、
何年居ても、まったく日本語をしゃべることができない人が結構います。

日本に永く住んでいて、日本語がかなり出来ると言われる外国人でも、
日本人と同じように日本語を操れる人はほとんどいません。

少なくとも、私の周りの外国人はほとんど簡単な会話しかできません。
専門的な話題になると、すべて英語。

それでも、普通に生活して、ビジネスをこなして、
何の支障も起きない。

日本人に置き換えて考えてみると、
何年も海外に留学経験があって、
日本人からみると、とても流暢に英会話ができるようにみえても、
ネイティブからすれば、イントネーションやアクセントが微妙に違って聞こえるわけです。

そもそも、どんなに英会話を勉強しても、
絶対にネイティブに追いつくわけがないんですね。

産まれてからずっと、日常会話はもちろん、
あらゆる分野のベースとなる知識を身に付け、
社会人となってから、さらに実業の世界で、
専門知識とノウハウを習得する。

これ、すべて英語ですね。

起きている間、夢見てるときも、ずっと英語。

必然性が無いのに、目的もなく、
ただネイティブと同じレベルになろうとするから、
途中で挫折してしまう。

いくら覚えても、使う場面がなければ、
目的が無いのに、カラダだけ動かしているのと同じこと。

”キレイに見られたい” ”彼に褒めてもらいたい”
などの目的があるから、ダイエットも頑張ることができますよね。

英会話も、実はダイエットとよく似ています。

何十万円もした英会話教材のCDとテキストが、
部屋の片隅にうず高く積まれて、今ではゴミ。
でも、捨てられない・・・。

いつか再びなんて、絶対こないけど、
未練が残って・・・。

で、真剣に考えた結果、
そうだ、もっとリラックスして身に付けよう!
との結論に。

相手の英語を日本語に訳し、
日本語を英語に訳して話す。

頭の中で、このプロセスを踏んでいるかぎり、
英会話は身につかないことに、気づきました。

鎧や兜で身を固めていざ出陣、できれば、
カッコいいかもしれませんが、
100%満足、なんて状況は、いつまで経っても絶対に来ません。

ビジネスシーンでは、テクニカルな言葉は、ほとんど英語。
和製英語もありますが、いちいち日本語に訳しませんよね。

それに、クロージングはすべて契約書を交わしますから、
英語力は必要だけど、会話は要らないわけです。

交渉相手の外国人も、私に日常の英会話力を求めていません。

どんなに日常の一般的な話題を英語で話すことができても、
相手が求めているのは、専門分野での知識とノウハウなんです。

では、英会話は要らない?
というと、そういうわけではありません。

ビジネスシーンだけではなく、
ホームパーティや大使館関係のパーティで、
始めての方に、ビジネスの話題はありえません。

やはり、お国の文化や習慣、料理やスポーツなどの話題で、
親しくなっていくわけです。

そして、そこから新しいビジネスが生まれたりもします。

これからますます外国人が増えてくると、
日本人との関係性だけで生活をしていくことが難しくなってきますし、
ビジネスの可能性も限定されてしまいます。

英会話には、初級~上級レベルまでありますが、
初級レベルでも、外国人とのキッカケをつくるには十分です。

そして、覚えたフレーズが、反射的に出るようになれば本物です。
たった1フレーズでも自信につながります。

気持ちを入れ替えて、英会話を〇年計画で!
なんて力むと、またこれまでと同じ結果になってしまいます。

手軽に最短で、効率的に習得する方法のヒントが、
こちらのブログで見つかるかもしれません。

コツは、
●勉強だと思わないこと
●ダイエットと同じように、コツコツ続けること


東京オリンピックだけが、目的じゃありません。
一人で海外旅行もいいですよ。

  

  • Posted by テロメア at 23:12Comments(0)

    2018年08月25日

    ゴキブリに寄生するハチ!ミトコンドリアも人間にとっては寄生生物!

    週間新潮にちょっとショッキングな記事が載りました。

    『「パラサイトする生き物」講座』

    書いているのは、理学博士の成田聡子氏。

    自然界で、他の生物に寄生しすることで、
    操ったり操られたり、そのような関係性をテーマにしています。

    好きな方はいないでしょうけど、身近なところでは”ゴキブリ”。
    人間には嫌がられるゴキブリですが、このゴキブリに寄生して、
    ゴキブリをマインドコントロールし、代理母として利用するハチがいるそうです。

    エメラルドゴキブリバチというそうです。
    このハチは、ゴキブリの脳に毒を送り込み、
    その毒で痺れて動けなくなったゴキブリに、
    今度は、麻酔のような物質を送り込みます。

    この麻酔のような物質が注入されると、
    ゴキブリはハチにコントロールされて、従順にハチに従い、
    代理母としての役割を務めるとのこと。

    さらに、孵化したハチの幼虫は、ゴキブリの内臓を少しずつ食べて成長しますが、
    ゴキブリは、死なないそうです。

    最後に、ハチの幼虫がさなぎになったところで、
    ゴキブリは死を迎えます。

    同じような関係は、自然界では当たり前のようにあって、
    あの恐ろしい「ヒアリ」にも、「タイコバエ」という天敵がいます。

    ところで、人間もパラサイトのおかげで生きているのをご存知ですか?
    細胞のなかにある「ミトコンドリア」は、正確には寄生生物です。
    細胞そのものとは、別の生物といってもいいでしょう。

    だから、人間の細胞の遺伝子と、ミトコンドリアの遺伝子は別なんですね。
    ミトコンドリアがいなければ、細胞に必要なエネルギーが作り出せないので、
    生きていくことができません。
    人間とミトコンドリアは、共生関係にあるわけです。

    かなり以前に、「パラサイトイブ」という映画がありました。
    こわい映画ですが、もしミトコンドリアが人間をコントロールするなら、と仮定したSF映画。
    人間とミトコンドリアの関係は、太古の昔からとてもうまくいっているようです。

    ミトコンドリアは、年齢とともに減少し、
    その働きが悪くなると、体内の活性酸素の量が増加すると言われます。

    ミトコンドリア自信が、エネルギーを作り出すときに活性酸素を出しますが、
    働きが悪くなったミトコンドリアは、より多くの活性酸素を出してしまうようです。

    細胞は、ミトコンドリアからもらったエネルギーを使って、再生と修復を繰り返していますが、
    皮肉なことに、そのミトコンドリアが排出する活性酸素に傷つけられることにもなるわけです。

    年とともに、「気力がなくなってきた」「疲れやすくなった」というのは、
    ミトコンドリアとも関係があるようです。

    ミトコンドリアは40代前半から減少しはじめ、その働きも衰えます。
    そして、エネルギーに変換されずにあまった酸素は活性酸素になります。
    さらに、余分な脂肪やブドウ糖は中性脂肪として蓄えられます。
    このため、中年のかた特有の体型になってしまうんですね。

    この共生関係にあるミトコンドリアですが、
    増加させる方法もあるようです。
    それが、適度な運動!

    その代表的な運動が、「インターバル速歩」です。
    以前、『ためしてガッテン』で紹介していた方法では、
    3分間普通に歩いて、3分間早く歩く
    これを5セット繰り返すだけで、ミトコンドリアの量が増えるそうです。

    簡単ですから、試してみてください。

      

  • Posted by テロメア at 14:23Comments(0)健康

    2018年08月23日

    ビールは水分補給に逆効果?夏のビール美味しいんですけど・・・

    今年は、”水分補給”の啓蒙がいつまでたっても、終わりません。

    普通の水を大量に飲み過ぎると、”水中毒”になるようですし。
    だからといって、スポーツドリンクは、糖分が多いし。
    理想的なのは、医療に使われる”経口補水液”ですが、マズイ!!
    でも、成分的にはポカリスエットが一番近いそうです。

    さらに、軟水にするか、ミネラル分が多い硬水が良いか、
    結局何を飲めばいいの???

    私が好きなのは、”お茶”と”コーヒー”、
    毎日この2つは欠かせません。
    もちろん、お茶はペットボトルで、多い時には2本ぐらい・・・。

    でも、この2つ、利尿作用があって、水分を減らしてしまうとのこと。
    そんなこと言われても、嗜好的には、ミネラルウォーターだけ、
    という訳にはいかないんですよね。

    おまけに、塩分補給(正確には、ナトリウムイオン補給と言ったほうが、生理的には正しいと思いますが・・・)で、
    岩塩持参というのもちょっとね~~。

    さらなるショックは、”ビール”は水分補給には良くないそうで。
    なんでも、飲んだときは水分補給になりますが、
    しばらくすると”利尿作用”が働いて、水分がカラダから出ていってしまうのがいけないそうです。

    たしかに、アルコールって、水分と結びつて体外へ出ていくんですよね。
    理屈には合っているけど~~

    札幌の大通公園で毎年開かれる1大イベントに、”ビール祭り”があります。
    正式名称は、確か「札幌ビール祭り」で、毎年7月中旬から、8月中旬までやっています。
    今年は、もう終わってしまったんでしょうか。
    横浜のビール祭りも最近有名になってきましたが、
    札幌のビール祭りは、ちょっとスケールが違います。

    広ーい大通り公園(毎年ニュース報道される”雪まつり”の会場になるところ)の真っ青な芝生の上で、
    生ビールを堪能できる夏の1大風物詩です。

    東京のように、芝生内立ち入り禁止じゃありません。
    きれいに整備された芝生に、座ったり、寝っころがったりしながら、
    好き勝手なスタイルで、開放的な雰囲気の中で、ビールを味わうんです。

    他の地域のビール祭りでは、味わえない独特の空気がステキです。
    私は、ビールはそんなに飲みませんが、それでもあの雰囲気がとても気に入ってます。
    もう、何年も行ってませんけど。
    もちろん、北海道へ行くのは、ビール目的ではありませんから。

    ちょっと、話がそれましたが、そんなビール好きの方にしてみれば、
    ビールも水分補給の一つ、なんて考えている人もいるはず。

    テレビ番組では、専門医の先生が、”ビールは水分補給になりません”、
    と声高に説明していますけど、
    私の周りには、”ビールを飲み過ぎて熱中症で病院に搬送・・・”、という方はまだ1人もいません。
    まあ、飲み過ぎは、どんなものでもカラダに良くないんでしょうけど。

    水やビールに限らず、いろいろなものをバランスよく摂ればいいんじゃないでしょうか。
    説得力、ありませんけど。  

  • Posted by テロメア at 23:07Comments(0)健康

    2018年08月18日

    箱根大涌谷”黒たまご”の秘密・・・7年寿命が・・・!?

    突然、「黒たまご」を食べたくなって、
    箱根大涌谷へ出かけてきました。

    Uターンラッシュに巻き込まれないように、
    ちょっと早目に出て・・・。

    早すぎて、駐車場の開門9:00より10分ほどはやく到着。
    観光客の目当ては、かつて”地獄谷”と呼ばれていた噴気地帯の絶景なんでしょうけど、
    私の目的は、黒たまごだけ!

    駐車場の正面にある黒たまご館へ一直線。
    黒たまごは、正面入り口わきの売店で、レトロ感ある茶色の袋に入れられて売られてます。
    できたてが5個はいった黒たまごは、店内ですぐに食べたられるように、
    店内コーナーのテーブルの上には、殻入れが設置されています。

    さっそく、真っ黒な殻を剥くと、なかの白身はつるつるの真っ白!
    白身は黒くならないんですね。

    殻が真っ黒になった温泉たまごは、地熱と火山ガスを利用して作られます。
    他の温泉にも黒たまごはありますが、箱根が一番有名ですね。

    1個食べると、7年長生きするといわれる黒たまごを2個食べました。
    7年×2=14年、長生きする?

    箱根大涌谷の黒たまごは、2段階で作られるようです。
    温泉に何時間も浸けて固ゆでするところもありますが、
    箱根大涌谷は、次の2ステップで作られます。

    ●ステップ1
    まず、約80度の温泉池で60分ほど、卵をじっくり茹でます。
    すると、卵の殻の気孔に鉄分(温泉地の成分)が付着します。
    この付着した鉄分に硫化水素が反応して硫化鉄になることで、卵が黒くなります。

    ●ステップ2
    大涌谷では、さらに、黒くなった卵を、蒸し釜で約100度の蒸気で15分ほど蒸すようです。
    これで、「黒たまご」の完成です。

    <7年延びる言い伝え>
    ”ひとつ食べると寿命が7年延びる”という言い伝えは、
    鎌倉時代に作られたと言われる延命・子育ての「延命地蔵尊」のお地蔵様に、起源があるようです。

    このお地蔵様にあやかり、「黒たまご」を食べると寿命が延びると言われるようになったそうですが、
    ”7”という数字が、七福神など縁起の良い数字として使われることも理由のひとつのようです。

    以前は、コレステロール値が上がると言われて、敬遠されがちだった卵ですが、
    実は、コレステロールの約9割は肝臓で作られたもの。
    食事から摂取されるのは、わずか1割程度だそうです。
    2015年から、日本でもアメリカでも、食事によるコレステロールの摂取基準は無くなりました。

    1個で7年も長生きしなくても、”完全食”である卵がカラダに良いのは確か。
    卵には、人体に必要な必須アミノ酸がすべて含まれていて栄養が豊富ですね。

    だからといって、たくさん食べればいいとも思えません。
    特に、コレステロール値が高い方は、1日1個程度がおススメのようです。

    とはいえ、どんな食品でも食べ過ぎはよくありません。

    私は、2個も食べましたから、
    14年長生きする計算です。

    それより、お肌が白身のようにつるつるになりたいと願ってます。  

  • Posted by テロメア at 15:18Comments(0)

    2018年08月15日

    妊娠は簡単じゃありません!お酒やタバコの制約も・・・

    4月に、<高齢出産>急激に下がる妊娠確率!との記事を書きました。

    30歳以上で第1子を出産される方が増えてきたので、
    いつでも子供が欲しいときに産める、と考えているかたも多いようです。

    ”妊娠って、そんなに簡単じゃない”とわかるのは、
    いざ子供をつくりたいと決めてからかもしれません。

    結婚して子供を産むことが、女性の使命とは言いませんが、
    子供が欲しいと願う気持ちは、すべての生命に共通する本能といえます。

    年齢が上がるにつれて、妊娠確率は急激に落ちます。
    妊娠しやすい年齢は、10代の後半から30代前半と言われますが、
    30代になると、子宮や卵子の能力が急激に低下して、妊娠確率が下がります。

    体外受精の場合でも、その確率の傾向は同じです。
    29歳以下なら、75%の成功率ですが、35~39歳になると46.5%まで下がります。
    40歳以上なら、14.3%まで下がりますが、
    芸能人や有名人が、40歳を過ぎて初産のニュースが流れると、
    いつでも妊娠できると、勘違いされている方も多いのではないでしょうか。

    体外受精でも、年齢が上がるとこれだけ確率が下がりますが、
    自然妊娠の確率はさらに低くなります。

    なんと、29歳以下の妊娠しやすい年齢でも、
    30~50%ですから、妊娠が簡単ではないことが良くわかります。

    いずれは子供が欲しいと考えているならば、
    できるだけ若いうちに、妊娠についての正しい知識を身につけ、
    体調を整えておくことをおすすめします。

    元気な赤ちゃんを産むために、
    女性のカラダには大きな負担がかかります。
    同時に、生まれてくる赤かちゃんのためにも、
    これまでに生活習慣などを見直す必要があります。

    もし赤ちゃんに異常が見つかれば、
    その原因の多くは、母親にあることが多いのです。

    たとえば、タバコや飲酒

    少しぐらいは大丈夫、と思っている方も多いと思います。
    以前は、1日エタノール換算で約15mL=ビール350mL缶1本程度であれば問題ない、
    とされていましたが、現在では少量であっても胎児に次のような影響が出る危険性があると言われています。

    ●胎児性アルコール・スペクトラム障害(FASD)
    ●飲酒が胎児の形態異常や脳萎縮
    ●胎児発育不全
    ●妊婦のうつ症状の悪化

    飲酒の赤ちゃんへの影響は、妊娠中だけではありません。
    アルコールは、母乳にも影響を与えるため、アルコールの血中濃度が上がる飲酒後2時間までは授乳を避けたほうが良いようです。

    妊娠するのも大変なのに、妊娠中や授乳期もさまざまな制限が多いので女性はとても大変です。
    だから、気が付いたら40歳近くになんてことになってしまうのでしょう。

    でも、妊活は年齢が早ければ早いほどいいですね。
    年齢が進んでからなかなか妊娠しないと、
    もしかしたら、不妊症?
    なんて心配もでてきます。

    妊娠できないまま3~4ヶ月経つと、不安になると思いますが、
    不妊」とは、1年間妊娠しない状態のこと。

    1年間も頑張ってから不妊治療を始めるのは、
    なんとなく1年間を無駄にした感じ。
    複雑な気持ちです。

    だから、赤ちゃんが欲しいなら若いうちに、ということなんです。

    ●タイミング法 
    ●排卵誘発法 
    ●人工授精 
    ●体外受精

    不妊に対する治療としては、タイミング法から順番にステップアップしていきますが、
    それぞれのステップごとに一定期間が必要です。

    人工授精」なら、かなり妊娠確率が高いと思われているかたもいるでしょうけど、
    妊娠率は、わずか8~10%程度しかありません。
    だから、成功するまでに何年もかかってしまうんですね。
    費用も数百万円はかかると言われています。
    なかには、不妊治療の実態を会社が理解してくれないために、
    退職せざるをえなかった方もかなりいらっしゃいます。

    妊活を真剣に考えているなら、
    カラダの栄養バランスを整えることをおススメします。
    ”できることは全部やる”ぐらいの気持ちが無いと、あとで後悔します。

    普段の食事では不足しがちな栄養素として、
    妊産婦さんには、”葉酸”がよく挙げられます。

    葉酸は、厚生労働省が、400マイクログラム/日を付加的に補うことを推奨している栄養素です。
    そのため、多くの葉酸サプリが、1日の摂取量目安400マイクログラムで設計されています。

    そのほかにも、今注目されている栄養素が、”イノシトール”です。
    イノシトールは、母乳や粉ミルクに含まれる成分で、ビタミンBと同様、水溶性の性質をもち、糖コントロール、細胞の成長に必要な成分です。

    サプリメントには、「葉酸サプリ」「イノシトールサプリ」と別々になっているものもありますが、
    ミオールのように、2つの成分を同時に配合しているものもあります。
    複数のサプリメントを摂取すると、葉酸の過剰摂取になるリスクもありますから、
    できれば1種類で、不足する栄養素をある程度補うことができるサプリのほうが良いかもしれません。

    妊活中の方、これから赤ちゃんをつくろうと考えている方へ、参考まで。  

  • Posted by テロメア at 20:32Comments(0)グルメ

    2018年07月25日

    レモンは美容成分ビタミンCがいっぱい!? のはずだけど・・・

    いろいろな栄養素がありますが...。

    なんといっても、一番気になる栄養素がビタミンC!

    暑い季節になると、なぜか頭の中はビタミンC!

    レモンの絵柄がついているだけでも、なぜか美味しそうに見えてしまうのは私だけ?
    完璧に、メーカーの戦略にはめられています。

    カフェでも、“レモン●●” “●▲レモン”なんて、メニューを見ると、連鎖反応のようにオーダーしてしまいます。

    ビタミンCを多くふくんでいる食べ物ランキングを、レモンが出てくるまでリストアップしました!
    ※くすりの健康日本堂のホームページから

    •第1位: アセロラ 酸味種 生   ビタミンC 1700mg
    •第2位: <その他> 青汁 ケール ビタミンC 1100mg
    •第3位: <香辛料類>パセリ 乾   ビタミンC 820mg
    •第4位: アセロラ 甘味種 生   ビタミンC 800mg
    •第5位: <茶類> (緑茶類) せん茶 茶 ビタミンC 260mg
    •第6位: グァバ 赤肉種 生   ビタミンC 220mg
    •第7位: グァバ 白肉種 生   ビタミンC 220mg
    •第8位: あまのり 焼きのり   ビタミンC 210mg
    •第9位: (ピーマン類) トマピー 果実 生  ビタミンC 200mg
    •第10位: あまのり 味付けのり   ビタミンC 200mg
    •第11位: (ピーマン類) 赤ピーマン 果実 油いため  ビタミンC 180mg
    •第12位: (ピーマン類) 赤ピーマン 果実 生  ビタミンC 170mg
    •第13位: あまのり ほしのり   ビタミンC 160mg
    •第14位: (かんきつ類) ゆず 果皮 生  ビタミンC 160mg
    •第15位: (ピーマン類) 黄ピーマン 果実 油いため  ビタミンC 160mg
    •第16位: めキャベツ 結球葉 生   ビタミンC 160mg
    •第17位: (ピーマン類) 黄ピーマン 果実 生  ビタミンC 150mg
    •第18位: キウイフルーツ 黄肉種 生   ビタミンC 140mg
    •第19位: (なばな類) 和種なばな 花らい・茎 生  ビタミンC 130mg
    •第20位: とうがらし 果実 生   ビタミンC 120mg
    •第21位: パセリ 葉 生   ビタミンC 120mg
    •第22位: ブロッコリー 花序 生   ビタミンC 120mg
    •第23位: アセロラ 10 %果汁入り飲料  ビタミンC 120mg
    •第24位: <香辛料類>しょうが おろし   ビタミンC 120mg
    •第25位: <茶類> (緑茶類) 玉露 茶 ビタミンC 110mg
    •第26位: (かんきつ類) すだち 果皮 生  ビタミンC 110mg
    •第27位: なずな 葉 生   ビタミンC 110mg
    •第28位: (なばな類) 洋種なばな 茎葉 生  ビタミンC 110mg
    •第29位: めキャベツ 結球葉 ゆで   ビタミンC 110mg
    •第30位: しい 生   ビタミンC 110mg
    •第31位: (かんきつ類) レモン 全果 生  ビタミンC 100mg

    どこまでいっても、大好きなレモンがでてこないから焦りました。
    結局、31位でやっと載っていたので、こんな引用になってしまいました。

    広告では、ビタミンCと言えば、あたりまえのようにレモンの写真が付いてますから、
    “レモンはビタミンC”の含有量が多いなんて、誤解してしまいますね。

    1位のアセロラは、イメージ的に許せるとしても、2位 青汁...。

    美味しい青汁も多くなってきましたけど、まだ“ん~マズイ!!”のテレビCMの強烈なイメージがトラウマになっていて、ちょっと・・・。

    ビタミンCの含有量は少なくても、私はやっぱりレモンでOK!

    とはいえ、ビタミンCはなんといっても、お肌の健康のもとです。

    足りない分は、サプリメントでしっかり摂る。これしかありません。

    ビタミンCを配合した栄養機能食品のサプリメントは多く、
    皮膚の粘膜の健康維持を助けるとともに抗酸化作用を持つ栄養素として配合されています。
    との説明がついていて、ビタミンCをしっかり摂るにはいいかもしれません。

    でも、ちょっと気に入らないのが、配合しているビタミンCの量をレモンと比較しているものが多いこと。
    “レモン50個分のビタミンC”と言われても...
    レモンなど柑橘系のビタミンCの量は、31位ですからね。

    でも、レモン50個食べるより、サプリメントのほうがビタミンCを摂りやすいのは確か!?
      

  • Posted by テロメア at 22:15Comments(0)美容

    2018年07月10日

    今日7月10日は、納豆の日!特別な食材ではないのでつい忘れてました

    大事なこと?忘れてました。
    今日は、納豆の日だそうです。
    7月10日、語呂あわせで“ナットウの日”ということですね。

    納豆は、美容と健康のためにとても役立つ食品ですが、
    記念日があるとは知りませんでした。
    なんでも、語呂あわせでこじつけて記念日にしてしまいますから、
    そのうち、1年365日、すべて“何かの記念日”になってしまうんじゃないでしょうか。

    休日はどんどん増えていきますし、毎日、なにかのお祝いをしているような気も・・・。

    今では特別な食材になってしまった“うなぎ”。
    “土用の丑”などの古くからの慣習がなければ、なかなか口にできない高級食材になってしまいました。
    だから、土用の丑には、無理してでもうなぎを食べよう、という気になります。

    でも、納豆は申し訳ないけど、ちょっとそんな気にはならない、のは私だけ?
    毎日のように食べている庶民の食材に記念日って、あまり意味がないような気がします。

    もっと食べてほしい、という業界の願いなんでしょうけど、
    結構、食べてますよ!

    ところで、納豆にはいろいろ種類があって、
    それぞれ好みがあるようです。
    みなさんは、どんな納豆が好きですか?

    大きな分類では、
    ●大粒
    ●小粒
    ●ひきわり

    など。

    豆の種類では、
    ●黄大豆
    ●青大豆
    ●黒豆
    ●えだ豆
    ●そでふり

    など。

    黄大豆は、味にクセがなく、上品な感じ。青大豆は、風味が強いとのことです。
    普段あまり品種など考えたこともなく、国産で、包装やパッケージ、粒の大きさ、その時の気分などで、衝動的に買ってますから、こんな記事を書くのも初めて。

    7月10日が、“納豆の記念日”ということでなければ、
    調べることもなかったでしょうから、それなりに考えさせられた日であるのは確かです。

    納豆といえば、これまで、“おいしいこと”&“美容や健康に良い成分”のことだけしかありませんでした。

    昔は、“わらづと”にはいった納豆がありました。
    今でもたまに見かけますが、ほとんど目にすることはなくなりました。
    あのわらに包まれた納豆の雰囲気がとても好きです。

    三角に折られた“経木”に包まれた納豆もありました。
    経木は、スギやヒノキを薄くした板のこと。
    香りがいいんですよね。
    納豆がさらに美味しく感じられて好きです。

    今では、発砲スチロールの容器に入ってしまって、味気ないですが、
    種類や産地など、とてもバラエティに富んでいて、
    スーパーへいっても、目移りしてしまいます。

    食べ方は、なんでもいいんですよね。
    ストレートに、ご飯の上にのせて、醤油と卵。
    納豆だけ食べる、という方もいらっしゃるようですけど、
    私は、ちょっと無理!
    コンビネーションがないと、それこそ味気ない。

    美容と健康だけを考えて食べより、おいしく食べたい派。

    参考までに、納豆に栄養分の効果効能を、
    納豆工房「せんだい屋」のホームページから引用させてもらいました。

    <納豆に含まれる栄養分>
    ○タンパク質 筋肉のもと
    ○食物繊維 腸の健康を保つ
    ○ビタミンB2  細胞の再生や脂質の代謝を促進
    ○ビタミンE 血行をよくし、老廃物の排出を助けます。お肌の潤いとハリを保つ
    ○ビタミンK カルシウムが骨になるのを助ける、骨たんぱく質の働きを高める
    ○カルシウム 骨粗しょう症の予防や、高血圧、動脈硬化の予防、イライラを解消する
    ○マグネシウム 精神の安定、骨格形成、正常なエネルギー生産に重要な役割を果たす
    ○鉄分 不足すると貧血や、筋力低下の原因にもなります
    ○カリウム 降圧作用や細胞の再生に効果があります
    ○リノール酸 血液をサラサラにし、動脈硬化や心臓病を防ぐ
    ○イソフラボン 骨粗鬆症や女性の乳ガン、男性の前立腺ガンなどの予防効果がある
    ○サポニン 動脈硬化や高血圧生活習慣病などの予防効果がある
    ○ジピコリン酸 抗菌作用があり、O-157やコレラ、赤痢、チフスなどに対する抗菌作用
    ○レシチン 便秘や肥満の解消
    ○ポリペプチド 肌をうるおす効果があるため、若々しい肌をつくる効果


    やっぱり、スゴイですよね。納豆のチカラ。
      

  • Posted by テロメア at 22:35Comments(0)美容健康グルメ

    2018年06月11日

    玄米に有害成分?アブシジン酸とフィチン酸は、大豆や小麦などにも・・・

    玄米!わたしは好きなのでたまに食べます。
    レストランメニューに、“白米”or“雑穀米”なんて書いてあると、
    なにも考えずに“雑穀米”を注文してしまいます。

    好き、というより“栄養”と“健康”が頭の中でトラウマになっているのかも...。

    白米のごはんは、どんな惣菜にも合うし、食べやすいし、
    なんといっても、玄米より炊くのが楽!

    玄米食だった知人が、ある日から白米に戻りました。
    何が玄米を止めた理由だったのかを聞きませんでしたが、
    他の方たちの意見を総合すると、
    “作るのが面倒くさい”
    “冷めると美味しくない”
    極めつけは、“毒素が入っているから”!

    ん~、面倒くさいと美味しくないは理解できなくもないですね。
    でも、毒?

    あ~~、「アブシジン酸」と「フィチン酸」のこと?
    残念なことに、玄米だけがやり玉にあげられた格好。

    アブシジン酸とフィチン酸は、どちらも植物が自分たちの種を守るために必要な成分なんです。
    人間のために、作られた成分じゃないんですね。

    “玄米だけがやり玉に”と書いたのは、すべても植物がこの2つの有毒物質?を持っています。
    しかも、大豆やアーモンド、などは、量的には玄米よりの多いんです。
    もちろん小麦も。

    いつから、なぜ玄米だけが悪者になってしまったのかわかりません。
    たしかに、アブシジン酸とフィチン酸には、有害になる側面があります。

    アブシジン酸は、発芽抑制因子として、乾燥などのストレスから種子を守る働きがありますが、
    ミトコンドリアを攻撃して傷つけてしまうことがあるようです。

    ミトコンドリアは、細胞が生きるためのエネルギーを100%作り出していますから、
    このミトコンドリアへの攻撃は免疫力の低下につながります。

    また、フィチン酸は、ミネラルなどの栄養素と結合する性質がありますから、
    摂取すると、ヒトのカラダに有益なミネラルを体外に排出してしまう、という理屈です。

    確かに、この3つの有害成分?の人体への働き(可能性)を単純に考えると、
    そうかもしれません。
    でも、体内での栄養素の分解と再合成などのプロセスは、そんなに単純じゃありません。
    植物の種子の立場からすれば、フィチン酸が大事な栄養素をしっかり抱え込んで、
    発芽の時期まで種子を守っている、ということになります。

    フィチン酸がヒトの体内で、体内にある大事なミネラルと結合して排出してしまう、
    というのも分からないわけではありません。
    なぜなら、玄米の豊富な食物繊維とこのフィチン酸が、体内の有毒物質を体外へ排出するデトックス効果の役割をしてくれるからです。

    アブシジン酸とフィチン酸に注意しなければいけないのは、玄米を生のままで食べたらの話。
    アブシジン酸は、水に浸けることで分解し、熱にも弱いので、簡単に除去することができます。
    水に浸けることで、“発芽の時期が来た”と思ってくれるんですね。
    その時点で、アブシジン酸は役目を終えて分解してしまうことになります。

    だから、発芽玄米が推奨されているわけです。

    発芽玄米というと、玄米と別に売っているの?
    と思われるかたもいらっしゃるかもしれません。

    玄米は生きていますから、水に浸けると発芽の準備をします。
    完全に芽吹かせる必要はなく、その準備段階でOKです!

    また酵素玄米は、酵素の働きによって、ミネラル分が消化吸収されやすくなりますが、
    そのための玄米専用炊飯器“酵素玄米炊飯器”があります。
    これは、普通の炊飯器とはまったく違い、玄米を入れてセットするだけ、とても便利です。

    フィチン酸も、水に浸ける、発芽させる、発酵させるなどで、分解できますが、
    デトックス効果などを考えると、すべてを分解するよりある程度残すべきだと私は考えています。
    デトックス効果は、お肌に良いだけでなく、わきがなどの体臭にもケアするようです。

    こちらのサイトが参考になります。
      

  • Posted by テロメア at 23:26Comments(0)美容健康

    2018年06月05日

    お相撲さんのいい香り!鬢付け油(びんづけあぶら)の秘密!

    相撲の5月場所が終わり、
    栃ノ心の大関昇進が、大きな話題になりました。

    場所中、両国界隈には、お相撲さんの姿があちらこちらに。
    すれ違ったときに、ふと匂ってくる甘い香り。

    鬢付け油(びんづけあぶら)の匂いですね。
    普段の生活では、嗅ぐことのないニオイです。

    かなり離れたところからでも、風向きによっては香ってきます。
    “あっ、いい匂い!”と思って、あたりを見回すと、
    交差点の向こう側に、髷(まげ)を結った大きな体のお相撲さんが。

    この独特の香りは、他の場面で嗅いだことは一度もありません。
    甘く、少しフェロモンを感じさせるニオイです。

    ハワイでは、どこへいっても漂ってくるココナッツの甘い香り、
    あのニオイに似ていると感じるのは、私だけでしょうか。

    気になって、鬢付け油について調べてみました。

    鬢付け油には、いろいろ種類があって、日本髪用、かつら用など、いろいろあるようです。
    お相撲さんが使っている鬢付け油は、“オーミすき油”といいますが、
    ネットに、東京・江戸川区の島田商店が製造・販売しているとの情報がありました。

    お相撲さんが使っている鬢付け油は、以前はつばき油とばかり思っていましたが、まったく違っていたようです。
    菜種油とヒマシ油、ハゼの実の木蝋を混合して作られているとのこと。
    成分表記では、数種類しか記載がないようですが、実際には20種類以上もの香料を配合しているとの情報もあります。

    椿油にはあの甘い香りはありませんが、他の表記成分にも無いですね。
    やはり香料に秘密があるようです。
    しかし、使われている香料は明らかにされていません。

    ただ、似ている香りの花があります。
    “沈丁花”です。
    住宅街の裏道を歩いていると、突然香ってくる甘い独特の匂い。
    あたりを見回すと、少し離れたところに、沈丁花が...。
    とても芳香性が強いですが、甘くさわやかでフェロモンさえ感じる匂いです。

    沈丁花は、三大香木とも言われているそうです。
    自分の香り、見つけたいですね。
      

  • Posted by テロメア at 23:11Comments(0)美容

    2018年05月31日

    マグロは美味しいけれど・・・妊産婦さんは要注意!

    アレルギー性の肌なので、食べ物には気を付けています。
    なるべく、添加物の少ないものを選ぶようにしていますが、
    完全に添加物が含まれていない食品なんて無い、と思って間違いないですね。

    添加物は、加工品や菓子類など、工場でつくられるものだけ、と思ったら大きな間違いですね。

    天然の魚にしても、その食物連鎖の過程で、水銀を体内に凝縮していきます。
    水銀の毒性は強く、通常の食品添加物とはくらべものになりません。

    小さな魚を大きな魚が食べることで、水銀がどんどん濃縮されていくというシナリオです。

    美味しいマグロについても、厚生労働省から妊産婦さん向けに、
    摂取量に注意するよう、リーフレットが作成されています。

    妊産婦さん
    の場合、胎児への影響を考えると、
    低濃度の水銀でも影響を与える可能性が高い、ということです。

    その許容量は、どのくらいかわかりますか?

    1週間にわずか80g!

    目を疑いたくなる量です。少なすぎて。
    サーロインステーキの4分の1程度の量しかありません。

    本マグロ(クロマグロ)の握り寿司1貫に使われるネタの重さは、10~20gだそうですから、
    寿司桶1人前といったところ。

    回転寿司へ行ったら、そんな量は簡単にオーバーしてしまいます。
    多分、わたしのカラダのなかにも大量に蓄積しているはず。

    アレルギー性の肌って、こんなことも影響しているのかな、なんて考えたこともありました。
    水銀がやっかいなのは、脂溶性なので水に溶けないことですね。

    水溶性なら、尿や大便として排出されますが、脂溶性のため体内に蓄積されてしまいます。
    そういう意味では、食物連鎖の頂点にたっている人間が、最終的に水銀の影響を受ける、
    ということになります。

    単純に一言で、“水銀”と書きましたが、
    (厚生労働省のパンフレット“これからママになるあなたへ”にも、“水銀量”としか表記されていません)
    厳密に言えば、水銀にもいろいろな種類があり、
    魚介類で問題になっているのは、有機水銀の1種である“メチル水銀”のことです。

    無機水銀である“硫化水銀”は、朱肉や塗料に使われますが、毒性は少なくて、
    体内に入っても直ぐには排出されます。

    塩化第1水銀は、下剤や利尿剤に利用されていますが、
    塩化第1水銀には、強い毒性があります。

    とりあえず、厚生労働省にならって、“水銀”としておいたほうがわかりやすいかもしれません。

    魚の話にもどりますが、
    妊産婦さんの場合、
    金目鯛も、1週間に食べられる量は80g!

    もし、今週、食べ過ぎてしまったら、
    来週食べる量から、その超過分だけ減らせばいいようですが、
    そもそも量が少なすぎ!

    《妊産婦さんが1週間に食べられる目安量》
    ①160g
    ・キダイ、マカジキ、ユメカサゴ、ミナミマグロ、ヨシキリザメ、イシイルカ
    ②80g
    ・キンメダイ、ツチクジラ、メカジキ、クロマグロ、メバチマグロ、エッチュウバイガイ、マッコウクジラ
    ③40g
    ・コビレゴンドウ
    ④10g
    ・バンドウイルカ

    うまく組み合わせて、1週間に、合計80g以下におさえることが推奨されています。
    ③と④については、食べないほうがいいでしょうね。

    魚には、良質なたんぱく質や、カルシウムなどの栄養素のほか、
    EPAやDHAを含んでいる健康食材です。

    EPAやDHAは、血管障害の予防やアレルギー反応を抑制する作用もありますから、
    魚は積極的に摂りたい食品の一つです。

    キハダ、ビンナガ、メジマグロ、サケ、アジ、イワシ、サンマ、ブリ、カツオなどは、特に注意が必要ではないとのこと。
    上手に、バランスを考えて、おいしく食べたいですね。

    妊産婦さんは、食べ物の制限だけでなく、栄養バランスの管理も大変!
    また、赤ちゃんのことを考えると、栄養素を補助食品で補うことが必要になる場合もあります。

    妊産婦さんに不足しがちな栄養素”葉酸”と、DHA・EPAを配合したサプリメントもあります。
    他の食材などと上手に組み合わせて、カラダにやさしい栄養管理をされることをおすすめします。  

  • Posted by テロメア at 21:32Comments(0)健康